麻酔の種類

インプラントの手術後食べ物を口に出来るまでの期間は?

インプラントの手術をして、気になるのがいつから食べることができるのか?ということだと思います。
歯茎にインプラントの器具は埋め込んだけれどまだ抜歯もしておらず、という場合には基本的に抜歯まで歯茎でかまないようにしたほうがいいでしょう。
あと、舌で手術部位を触ったり他のもので触れたりすることも避けたほうがいいです。

抜歯までの期間は大体1週間から14日くらいです。
それまでの間は食事はできるのですが、歯茎に物が当たらないように噛まないものがおすすめです。
例えばおかゆや雑炊、豆腐などがいいでしょう。

ただ、クリニックによっては抜歯前でも3日後くらいから普通に食べてもいいですよと言うところもあります。
それは医師の助言に従うようにしましょう。

ちなみにインプラントを埋め込んだ後にすぐに仮の歯を装着してくれる手術の場合は仮の歯の装着後にすぐに噛む食事をすることが可能です。
ただし、この場合はガムなどの粘着性のある食べ物を取らないことが重要となります。
クリニックによって色々手術の方法は変わってきますので一度調べてみられるといいでしょう。

あと、激しい運動に関してもこの抜歯までの期間の間は避けるように言われることがあります。
その他色々制限されることがあるので、医師の助言にしっかりと従うようにしましょう。

このページの先頭へ