麻酔の種類

インプラントで心配される点とは?

インプラント治療において、心配されることと言えば、やっぱり手術後にトラブルがないか?ということでしょう。

実際にインプラントを受けて、ある人達は手術があまり上手くいかなくて歯がぐらぐらになってあまり意味をなさなかったという人もいます。
また、インプラントを受けた部分の口がマヒしたという症例もあるようです。

ただ、そのようなインプラントにおける失敗はよっぽど安い料金で受けられるような設備があまり整っていないところか、もしくは一昔前の話です。
現在ではインプラントを行う前にしっかりとした装置を使って骨密度や骨の状態まで完全に把握してから失敗がないように綿密な計画を立ててから手術を行っていくことになります。
CTなどを用いたり、その他歯周病や腫れなどのインプラントを行う上で支障となるものがないかをしっかりと調べた上で手術を行っていくことがほとんどなので、最近では手術による失敗なども大分減ってきたようです。

あとは手術中に痛みがないか?手術が終わった後の痛みが辛いんじゃないのか?と心配する人は多いようですが、この点に関しては麻酔をかけての手術となるので全く痛みを感じないで手術を受けることが可能です。
希望があれば、全身麻酔もかけることができるので心配はいらないでしょう。

このページの先頭へ