麻酔の種類

差し歯とインプラントはどのような相違点があるの?

差し歯とインプラントには根本的に大きな違いがあります。
それは、差し歯は歯が折れた時などに行う治療で、基本的に歯根が残っている場合に行われるのです。

治療方法としては残った歯根に人口の歯を上からかぶせてつなげるという方法を用います。
差し歯は治療後に定期健診などを受ける必要はなく、治療期間も1か月程度で終了することが多く、比較的楽に施術を受けることができます。
差し歯の治療を受ける対象としてはまだ若い人が多く、ボクシングをしていて歯が折れてしまったり、事故で歯を失った人が多く受けるようです。

次にインプラントですが、こちらは歯根というものがなくてもできる施術です。
歯根の代わりにインプラントという歯根の代わりになるチタンなどを顎の骨に固定する形で埋め込み、その上に人口の歯をつなげるといった治療方法です。
こちらは歯自体を根本から再現できる治療法であって、おじいちゃんおばあちゃんになって歯が歯根から抜けてしまったという方に最適な手術です。

費用としても1本につき10万円以上かかるのが普通で、保険の適用はありません。
合計数十万円かかることも珍しくありません。

施術を受ける対象は中年の方から老齢の方が中心というところも差し歯とは大きく違う点です。

このページの先頭へ