麻酔の種類

インプラント手術に使われる麻酔にはどんな種類の物があるの?

インプラントを行う際の麻酔の種類は主なもので4つ程度存在します。
基本的には医師がその手術の種類によって色々異なる麻酔を使用することになります。

まず痛みを止めるのに一番有効だと言われている麻酔は局所麻酔と全身麻酔です。
局所麻酔は注射針によって麻酔薬を手術する幹部に注射することによってその部分の痛みを手術中全く感じないようにするための麻酔です。
こちらは意識ははっきりとしているので、手術中に医師の呼びかけに反応することが可能ですし、手術後もすぐに帰ることが可能です。

次に全身麻酔ですが、こちらは麻酔を打たれると同時に眠ったようになって全く手術のことを意識することなく手術完了まで痛みを抑えることができます。
こちらの麻酔は手術後に起きるまで時間がかかるということで、歯全部を抜歯するなどの大掛かりな手術の場合に用いられる麻酔です。
もちろん全身麻酔は目が覚めるまで手術が例え終わったとしても帰ることはできません。

次に笑気麻酔と静脈内鎮痛麻酔というものがあります。
笑気麻酔は起きているときの不安、心配を取り除いて安心して手術に臨むことができるようになる麻酔で、笑気ガスというガスを吸うことによって麻酔にかかります。
こちらでは痛みは完全に抑抑えることはできません。

もう一つは静脈内鎮痛麻酔です。
こちらは静脈から注射をすることによって麻酔が効いてくるのですが、全身麻酔の意識がある状態で、体は動かせませんが、意識があります。
こちらは痛みをあまり感じなくなるためによく使われます。

このページの先頭へ