麻酔の種類

インプラントは怖い物ではない

インプラントは歯茎を切開してインプラントを骨に結合するように埋め込むということから怖いというイメージを持っている人がいますが、それは誤解です。
確かに歯茎を切開するということは行いますが、しっかりと麻酔をかけて行うので、痛みなどは一切感じませんししかも歯根がしっかりと顎骨と結合した綺麗な歯を再生することができるんです。

基本的にインプラント手術には危険性はなく、仮に失敗したとしてもインプラントが取れる程度です。
そういう場合には顎骨を補強したり、インプラントを埋め治すという手術を行いますし、なんの心配もいりません。
施術後もほとんどの患者が痛みをあまり感じていないという方が多いです。
痛み止めももらうことができますし、安心して治療を受けることが可能です。

逆にもしも歯が綺麗に連続してないなどの場合には顎を使わないことでの支障が体に出てくることがあります。
どちらかと言えばインプラントよりもそちらのほうが危険です。

実は入れ歯ではこの顎を使わないことによる支障は消すことができません。
なぜなら、歯根がないからです。
しっかりとした歯根を持った歯でかむという動作をすることで、人間は顎を衰えさせないという状態を保つことができているんです。

このページの先頭へ