麻酔の種類

金属アレルギーのある人はインプラントは実行できないの?

インプラントで歯根の代わりをしてくれる顎の骨に埋め込まれるものは金属なので、金属アレルギーを持っている人は手術を受けることができないんじゃないか?と心配する人がいるようです。

ですが、その心配はいりません。
金属アレルギーの人でもインプラントを受けることができます。

その理由がインプラントに使われる金属がチタンであるということです。
チタンは基本的にアレルギーを起こしにくい金属で、あり他の金属でアレルギーを起こしている人でもチタンなら大丈夫であると言われるほどです。

その理由がチタンは空気に触れると酸化して、皮膜をその表面に覆うためです。
基本的に金属アレルギーの原因となるのが金属から流れ出る陽イオンであると言われているのですが、チタンでは、皮膜があるために陽イオンが外に流れ出ないんですね。
そのためにチタンは金属アレルギーを起こしにくくなっており、仮に金属アレルギーの人がインプラントを受けたいと思った時には可能なわけです。

ただ、完全にアレルギーが出ないかと言えばそれは100%保証はできませんが、限りなくゼロに近いと言っていいでしょう。

もしも心配ならばインプラントをジルコニアで行うことをおすすめします。
こちらはメタルフリーインプラントと言って素材が金属ではないのでアレルギーはほぼ間違いなく起こらないと言っても過言ではないからです。

このページの先頭へ