麻酔の種類

インプラントを実行した方が良い人、実行しないほうが良い人の相違点

インプラントを実行しないほうがいい方としては歯周病がひどい方が第一にあげられます。
歯周病の場合には、歯を支える骨がすかすかになっている場合が多いので、インプラントをしても固定できないという理由から骨の再生手術を受けてからインプラントをするように促されるか、ブリッジや入れ歯など他の方法を推奨されます。
また、その他の理由で顎骨がない場合もインプラントを受けられませんが顎骨再生手術を一緒に受けるならば大丈夫となるケースがあります。

また、喫煙をしている方はインプラントが断られることが多いです。
更に、歯が抜けてから何もしないでずっと放置していた場合もインプラントを受けられなくなる可能性が高いです。
更に歯に限らず全身に関わる重い病気にかかっているかたはインプラントを受けることができません。

逆にインプラントを受けたほうがいい人というのはどういう人かと言うと、上で述べたどれにも当てはまっていない人で、顎骨がカウンセリングでインプラントを受けるに足りると判断された人です。
特に歯がないことに対してストレスを強く感じていて、入れ歯などでは満足できない場合にはインプラントを受けることで大きなメリットを得ることができるでしょう。

このページの先頭へ