麻酔の種類

インプラントと入れ歯ではどう違うの?

インプラントと入れ歯の違いは根本的なところから違います。
インプラントは歯を直接ねじのような素材とくっつけることによって歯根を作り、それを骨に結合させるものです。

基本的に歯医者さんの手術によって取り付けられるものです。
基本的に取り外しはしょっちゅうしないですし、かんだ時にずれたりしないでまるで自分の歯と同じように使うことができます。

入れ歯は固定されているということはなく、かぶせるだけのタイプのものがほとんどです。
歯がない方には重宝しますが、デメリットとしては外れやすい上に物を食べているとずれると言ったことがあることです。
あとは手術などは特になく、現状の歯に適合したものを作ってもらえばそれをはめることができる手軽さは大きなメリットです。

もう一つ、入れ歯とインプラントの大きな違いとしては定期健診があるかないかです。
インプラントの場合には施術後にそれで終了というわけではなく、定期健診を行ってしっかりとインプラントを行った歯が適合しているかどうかを観察していきます。
もしも形が悪くてかみ合わせが悪くなったり噛み心地が悪いなどの問題がある場合には、直接形を整えるためにけずったりすることもあります。

ですが、入れ歯にはそのような定期健診がないためにそういう手間を省くことができるメリットがあります。

続いてインプラントと似ているもので「差し歯」というものもあります。
この差し歯とインプラントの違いを知らない人はとても多いようです。
確かに入れ歯に比べると似ていますが、この2つには決定的な違いがあります。

このページの先頭へ