麻酔の種類

インプラントで医療費控除を受けるにどのような事をしたら良い?

医療費控除をすればインプラントで支払った金額の一部が返還される場合があります。
その手続きの方法ですが、施術を受けたその年の年間の医療費が10万円を超えたことを確認したら、医療費控除の申請が可能になります。
その際には領収書が必要になりますから、必ず全て保管しておきましょう。

インプラントの場合では基本的にその領収証は全てが控除の対象とならないことがあります。
医療費控除の申請の時期についてですが、基本的には確定申告と同じ時期に行うことができます。

具体的には医療費の支払いが10万円を超えた翌年の2月15日から3月15日の間に手続きを行いにいけばOKです。
ただ、かなりの人が集中するので、もしも分からないことを質問したり初めて行く場合にはなるべく早めの時期に行くことをおすすめします。
更に医療費の控除を受けるだけなら1月の15日から申請はすることができます。

ちなみに申請の際には領収書で医療費控除に認められたものだけをパソコンで金額を打ち込んでいくということをするだけです。
係り員の人もたくさんいて、質問に答えてくれるので比較的スムーズに手続きを終えることができるでしょう。

あと、領収証に関してですが、手続きが終わったら特に捨てても構いませんが、後で金額の訂正などが仮にあった場合のことも考慮して、置いておくほうがいいでしょう。

このページの先頭へ