麻酔の種類

インプラント治療には保険の適用はきくの?

インプラントの治療に保険が適用されるケースがあります。
ただし、条件がかなり厳しいために、普通の人は保険適用にならないケースのほうが多いと思います。

まず1つ目の条件としては顎の骨が交通事故などによって砕かれている状態でないといけません。
もしくは砕かれた顎骨が治療された状態である必要があります。
更に歯の3分の1以上が生まれつきまたは事故などで綺麗につながってなくなっている状態である必要があります。
最後はインプラントの手術を受ける病院が入院ができるところで、患者のベッドが20以上ある大きな病院である必要があります。

この厳しい条件を満たした人でない限りインプラントの保険を適用させることはできません。
ですので、基本的に大病院に事故などで担ぎ込まれた場合くらいしか保険の適用は受けられないということですね。

年齢による歯の衰えによって歯がなくなったケースなどは保険適用にならないので、普通の人は別に審美歯科で受けても特に問題はないでしょう。
逆にそのような審美歯科のほうが、しっかりとした症例数もありますし、施術体制も整っていることが多く、大きな病院よりもスムーズに治療を受けることができるというメリットがあります。

高額ですが、歯を取り戻せるということで保険が適用されなくても受ける人は増えているようです。

このページの先頭へ