麻酔の種類

歯を失ったらインプラントしか解決方法はないの?

歯を失ったら代わりの歯を補う治療の方法としてインプラントが考えられますが、状態によっては他の方法で治療することもできます。
それが差し歯です。

基本的に歯が折れてしまった場合は歯の根にあたる部分が残っている場合がほとんどです。
歯の根のことを歯根といいますが、その歯根がある状態では、インプラントは通常行わずに、人工的に作成した歯をその歯根にかぶせてつなげる差し歯治療が行われます。
基本的に若いうちで歯が折れてしまったという場合にこの治療を受ける方が多いです。

老齢で歯が自然に抜けてしまった場合にはインプラントか、入れ歯が最適です。

インプラントは金額的にどうも高いというのであれば入れ歯で費用を軽減することができます。
部分的に抜けているという場合ならば部分入れ歯をすることができますし、それだけで安心して生活をすることができます。
ただ、インプラントは入れ歯のように外れることがないので、その点は非常にいい治療方法だと思います。

もう一つブリッジという方法もあります。
こちらも歯根が残っていない場合に行うことができる治療法で、他の歯を支えにして完全な一つの歯の義歯を固定する方法です。
この治療方法は保険が適用されることが多く、インプラントよりも安く仕上げることができます。

ただ、やはり支えとなる歯が頑丈でしっかりとしていることが前提です。

このページの先頭へ