麻酔の種類

インプラントの歯の形はどんな形をしているの?

インプラントで作られる歯の形は基本的に他の歯が残っている場合は、他の歯との並びをよく考えて大きさが決められ、なくなっている歯の左右対称の反対側の歯と同じように形を整えて作られる場合が多いです。
素材によっても違いますが、基本的には元あった歯と同様の形をした自然な歯と見分けがつかない形のものを装着することができます。

あと、インプラント途中の仮の歯を装着してもらえるクリニックで多い質問が、仮の歯は本物の歯とは見た目が全然違うのから、インプラント手術が完了した歯もこのような形になるのでは?という心配を抱く人がいますが、基本的にそういうことはありませんので心配は不要です。
保険内での治療ならそのような形が悪いといったトラブルが起こる可能性が高いですが、インプラントには保険は全く適用されないので、歯の形の質は非常に高いものであると言っていいでしょう。

それよりも心配すべきはしっかりとインプラントの歯根となる部分が骨に対して適合するかどうかということで、この部分がぐらぐらになるような治療では歯の形がいくら綺麗であってもインプラントの手術をした意味がなくなってしまいます。
ですのでクリニックを選ぶ際には慎重に選ぶようにすることが大切です。

このページの先頭へ